低用量ピルの事は俺に聞け

低用量ピルの種類

低用量ピルの種類低用量ピルには作られた年代によって、3つの種類があります。いわゆる経口避妊薬として、ピルが誕生したのが1960年代になります。ノルエチステロンの開発により可能となったのですが、副作用が大きく、WHOの勧告により第一世代ピルが作られます。第二世代ピルは、第一世代とは製造方法を変えた新しい技術によって、1960年末に作られました。が、今度は男性化症状が顕著に出たために、第三世代ピルの登場となります。1980年代になり、男性化症状を抑えるタイプのピルが登場し、現在に至ります。しかし、人それぞれに合う合わないがあります。体の具合や相性により、いずれかの選択肢を選べることが、低用量ピルの現在になります。

 

低用量ピルの種類

低用量ピルの中でも人気のトリキュラー

つらい生理トリキュラーは、全世界で最も普及している低用量ピルです。日本においても医師に処方されるか、通販での購入で入手・使用が可能です。普及度の高い理由ですが、他の低用量ピルが合わなかった人にも適応の可能性がある事・有効成分の量に抑揚があって避妊効果や生理周期を整える効果が出易い事、等を挙げる事が出来ます。またプラセボ薬と組み合わせて飲み忘れ防止を図ったタイプをラインナップしており、細かい配慮が行き届いている事からもトリキュラーが人気です。

低用量ピル、アフターピルなど避妊薬の個人輸入通販はこちらへどうぞ。

 

低用量ピルの中でも人気のトリキュラー

低用量ピルが効かない事はある?

高い避妊効果低用量ピルを服用しているにも関わらず、避妊や生理痛の低減、生理の周期を遅らせるなどの効果が現れないことがあります。ビルが効かない場合に考えられるのは、服用するタイミングや量が適切ではないことや、服用しているピルが体に合っていないことなどが挙げられます。体に合わないピルを利用すると、効果がでないばかりか、副作用のリスクも高まるので、利用する前には医師などと相談しておくと、より効果を高めることが出来るでしょう。

 

低用量ピルが効かない事はある?

低用量ピルを避妊以外で使うメリット

低用量ピルのメリット女性が低用量ピルを避妊以外で使うメリットとして、ひどい痛みを伴う月経痛が軽くなるように、子宮内膜を厚くしないということができます。子宮内膜が厚くならなければ、月経時に子宮内膜がはがれる時の痛みも軽減することが出来るからです。他には、ホルモンバランスの乱れを整えることが出来るため、ニキビが出来にくくなるといわれています。避妊以外でもメリットが色々あるので、機会があれば使用してみてもいいかもしれませんね。

 

低用量ピルを避妊以外で使うメリット

低用量ピルにデメリットはあるか

低用量ピルのデメリット低用量ピルには、避妊の効果や生理が順調になるなどのメリットがありますが、反面、デメリットもやはり存在します。その最たる例が副作用が出る場合があるということです。飲み始めて1か月から2か月ほどの間、頭痛や吐き気を催したり、不正出血が起こったりということがあるようです。しかし、それらの副作用は飲み続けるとだんだん収まってくるので、心配しすぎる必要はないでしょう。ただし、持病やアレルギーによっては服用できない場合もあるので、注意して服用するようにしましょう。

 

低用量ピルにデメリットはあるか

【メニュー】

TOP

低用量ピルの種類

低用量ピルの中でも人気のトリキュラー

低用量ピルが効かない事はある?

低用量ピルを避妊以外で使うメリット

低用量ピルにデメリットはあるか