低用量ピルにデメリットはあるか

低用量ピルにデメリットはある?低用量ピルを服用する前に確認を

低用量ピルのデメリットカップルの仲良し度がアップしてきたら、自然と肉体関係を築きます。

 

大人の男女の恋愛に、セックスは欠かせません。

 

セックスの無い恋愛はどこかロマンチックで美しいかもしれませんが、愛する異性の身体を重ねたいと感じるのは極めて自然な感覚です。

 

むしろ心身共に健全なカップル同士が、セックス無しの恋愛をする事の方が不自然とも言えます。

 

同棲する状態になれば、自然とセックスしやすい環境が出来上がります。

 

いざ結婚をしてから性の不一致に悩むよりも、言わば同棲時代からセックスをしていた方が、良い夫婦生活のトレーニングとなるでしょう。

 

セックスは決して不自然な行為ではなく、むしろ心身の健康管理にも役立つ物事です。

 

性欲はある程度発散しなければフラストレーションに繋がります。

 

男女ともに日常的にフラストレーションを解消していた方が、鬱対策やアンチエイジングに効果的です。

 

また女性の側もセックスを楽しくする事で女性ホルモンの活性化が促されます。

 

セックスを楽しくする事で一種の美容対策にもなりますし、アグレッシブに色々な体位を楽しめば、ダイエットやシェイプアップにもなります。

 

ただ、毎日頻繁にセックスをすると、どうしても妊娠のリスクが高まります。

 

まだ結婚を考えていない同棲中のカップルの場合、それはなるべく避けたい結果です。

 

避妊対策は多々ありますが、低用量ピルを飲むのが最も楽で効果的な方法となります。

 

実際に低用量ピルを愛飲している女性は世間に多いです。

 

避妊対策以外に、肌荒れ防止や生理の激しい痛みの緩和など、低用量ピルには女性の体調不良に嬉しい副産物的効果もあります。

 

いわゆる副作用が強いアフターピルに比べて、常用するタイプの低用量ピルであれば、体調不良になるデメリットはかなり小さいです。

 

アフターピルは半ば強引に妊娠の避けるため、女性ホルモンを大量に増やす事になりますので、激しい頭痛や腹痛、消化不良や吐き気、めまいなどの副作用が高確率で生じます。

 

一方で低用量ピルであれば、一回分あたりの主成分の量が少ないため、副作用のデメリットも小さくなり、たとえ頭痛や吐き気などの変化が出ても、ごく一時的なレベルですので、自然回復を待てば良いでしょう。

 

もちろんピル自体には同じような副作用がありますので、決して楽観視してはいけません。

 

ただ、容量の少ない方であれば、まず生活に支障をきたすデメリットに遭う事はなく、推奨量の範囲で毎日決められた間隔で飲めば副作用のリスクは無いと言ってもよいレベルです。

【メニュー】

TOP

低用量ピルの種類

低用量ピルの中でも人気のトリキュラー

低用量ピルが効かない事はある?

低用量ピルを避妊以外で使うメリット

低用量ピルにデメリットはあるか