低用量ピルを避妊以外で使うメリット

低用量ピルを避妊以外の目的で使うメリットはあるのでしょうか?

低用量ピルのメリット低用量ピルというと避妊目的、または生理日を調節できるため水のレジャーや旅行、スポーツの試合などのために服用するというイメージが大きいと思います。

 

特に避妊については低用量ピルは正確に服用していればほぼ100%の確率で避妊できると言われており、最も確実な方法とされているため「ピル=避妊」のイメージは世間に定着しています。

 

しかしながら、低用量ピルはそれ以外のメリットもあるのです。

 

そもそも、なぜピルで避妊ができるのかというと、ピルに含まれる卵胞ホルモンと黄体ホルモンにより服用した人の体内は妊娠したような状態となり、女性ホルモンのバランスが安定した状態となります。

 

それにより卵胞の成熟がストップし、排卵を起こさなくなるため避妊できるのですが、低用量ピルで生理日の調整をすることにより月経痛が軽くなるというメリットもあります。

 

実際に月経困難症という生理痛が酷い人に対しては保険適用で処方されており、治療として確立しています。

 

また、意外なところではニキビ治療にもピルは効果的です。

 

肌荒れとピルとは結びつかない人も多いかもしれませんが、ニキビの原因の一つにホルモンバランスがあります。

 

多くの女性は生理前になると皮脂分泌が過剰になり肌荒れを起こしやすくなりますが、それは男性ホルモンが原因です。

 

生理前になると男性ホルモンが増える傾向にあるのですが、低用量ピルを飲むことで男性ホルモンの量を抑制することができます。

 

ピルには微量の卵胞ホルモンと黄体ホルモンの女性ホルモンが含まれているため、男性ホルモンを抑制すると共に女性ホルモン優位の状態を作り出します。

 

特に卵胞ホルモンは美肌ホルモンとも呼ばれ、皮脂分泌を抑えて女性らしいきめ細かい肌を作り出す働きがあるため、ピルを服用することでニキビが出来づらい肌環境を作ることができるのです。

 

ニキビケアというと洗顔や殺菌効果のある化粧品を使うといったスキンケアや、ビタミンなどの栄養を補助する治療を思い浮かべる人が多いかもしれません。

 

それらのケアをしてもなお繰り返しニキビができてしまう体質の人はホルモンバランスが原因ということが多く見られます。

 

いくらケアをしても完治しなかった人が、ピルを服用し始めたら驚くほど綺麗になったということも珍しくなく、早い人では服用から1か月ほどで治るというのも珍しくありません。

 

このようにピルは避妊目的だけではなく、生理痛や肌荒れなどのお悩みにも有効なのです。

【メニュー】

TOP

低用量ピルの種類

低用量ピルの中でも人気のトリキュラー

低用量ピルが効かない事はある?

低用量ピルを避妊以外で使うメリット

低用量ピルにデメリットはあるか